相続された不動産を売ろう!

「遺産が転がり込んだの?やったな!」なんて言葉を聞くと腹が立つのでは?(笑)

 

「遺産相続」なんて言われると聞こえはいいかもしれませんが、当人になるとかなり面倒くさいんですよね!

 

 

このサイトを見てくれているアナタは

 

「今もまだ相続された不動産に悩まされている...」

 

「だいぶ落ち着いたけど不動産をどうしようか...」

 

「不動産を売る決意はできたけど、どうやって売るのが一番なのか...」

 

っていう理由で悩んでいるのではないでしょうか?

 

相続に関しては多種多様のケースがあるので、その他でも悩んでいる人はいると思います。

 

 

とりあえず、当サイトでは相続された不動産(土地、マンション、一戸建て、店舗)を売ろう!っていう人が集う所です。(未だに売却するかどうかで悩んでいる人でも大丈夫ですよ!)

 

とにかく、相続された不動産がたんなる荷物と化している人は参考になると思います。

 

 

さて、遺産相続で回ってきた不動産...どうやって売るのが一番なのか?

 

どの時期に売るのが一番なのか?

 

いきなり、転がってきた遺産だと突然すぎて慌ててしまいます。

 

 

基本的に相続された不動産を売る場合は5年未満相続不動産を所持していた場合と5年以上相続不動産を所持していた場合では譲渡税の比率が違ってきます。(相続してからの期間ではありません。)

 

 

短期譲渡と長期譲渡と言われており、かなりの差があります。

 

だとすれば相続してから5年以上経過したあとに売却した方が得ではないか?と思いますが、不動産には固定資産税っていうのがあるので、年間不動産を所持しているだけで税金が取られてしまいます。

 

固定資産税を5年間支払うか?短期譲渡税を支払うか?

 

ここが一番の悩みどころです。